2010年09月19日

変わろうとする壁

2209142_18 今まで精神的に限界まで仕事をして、「自分はここまでできるんだ」と自信を付けながら

 

自分なりにうつ病を治療していたつもりのとーちゃん

 

見た目には、だれもうつ病とわからないほどの回復ぶりだったので、あいつ普通に働けるから「少し難しい仕事を与えてみよう」と

 

上司の判断で新しい仕事を任せられましたでもそれは、うちの課では受けたことのない新しい仕事

 

 

 

2209142_20普段の仕事にくわえて、新しい仕事は初めての仕事なので、試行錯誤ですすめていきましたが

 

平らな社員のとーちゃんは、各上司から「こう進めてほしい」、「こうはだめ」とさまざまな意見を言われてしまい困り果ててしまいました

 

しかも、自分の今まで受け持っていた仕事のペースは守らなければならない

 

 

 

2209142_24 それらのストレスにさらされた結果、三ヶ月でドクターストップがかかり、会社を休むことに・・・

 

幸い、今現在のとーちゃんのうつ病は「インフルエンザ」程度のつらさなので、慣れることのできるレベル(胸の痛み、苦しみが主成分)

 

しかも、長い闘病生活のおかげで、決められた手順を行っていけば回復するのはわかっていたので

 

一ヶ月ほどで痛みと苦しみを治すことができましたが、問題は会社に復帰したときにどうするかでした

 

 

 

2209142_28 そこで、会社に戻る前に様々な状況を考えて、対処法などを考えておき

 

何を言われても自分にストレスがかかりにくくなるように挑戦してみようと思いました

 

そして、自分の生活を徹底的に見直し、発作の出やすくなるたばこを止めたり

 

たとえ朝、発作が起きても会社に行けるように、寝る時間や起きる時間の変更して頓服が効くまでの時間を稼ぐようにしました

 

 

 

2209142_29生活リズムの変更は会社復帰前から、会社に戻ってからは考えてきた対処法を行ったところ

 

うまく仕事が回り始め、自分も楽になることができました

 

でも、一ヶ月以上体を動かさなかったので体力的には辛かった・・・

 

今回、会社を休んだことは経済的にはとても辛いですが

 

これからは、かーちゃん、虎鉄、碧、そしてもうすぐ生まれてくる子供の生活を支えなければいけません

 

どうやら、とーちゃんは自分のうつ病の治し方に根拠のない自信を持っていたようです

 

自分を変えてうつ病を治そうとしていたとーちゃんですが、状況が変われば自分を変える方法も変わるという

 

そんな簡単なことに倒れるまで気づかず仕事をしてしまった自分自身に苦笑しながらも

 

かなり、生活リズムを変えたせいなのか、仕事の疲れで寝込むことの多かった土曜、日曜に普通に体が動くようになったことを喜んでいるとーちゃんです

 

ちなみに使っている写真は、今まで寝込んでいたため休日にできなかった家の仕事を手伝ってくれている碧の写真・・・

 

碧も喜んでくれているのかな?

posted by chihirokey at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。